バリ島投資向け物件の見分け方

投資向け物件の見分け方

バリ島の不動産でどのような物件が投資に向いているか。投資して、レンタルして利回りで稼ぐことを考えると、借り手が付きやすい物件を選ぶことが、一番大切です。

そう考えると自然と答えが出てきます。「メインストリートと海に近い」不動産がお勧めです。

バリ島で投資用不動産はココが重要

メインストリートとまで歩けて海まで歩ける物件がやはり人気です。この辺を中心に投資不動産を探すようにしましょう。これらのエリアは車の交通量が多く若干うるさい場合もありますが、あまり気にしなくて大丈夫です。メインストリートとまで歩けて海まで歩けるということが投資条件の最優先事項にしてください。

完成物件、それとも土地から仕入れる?

すでに完成しているヴィラが売りに出ていることがほとんどです。外国人の多くは完成物件を買います。

どうしてかというと、土地を買って1から建てると10ヶ月程度かかってしまいます。工務店も探さないといけないですし、何度もバリ島に行って、やり取りしないといけないことを考えると少々割高でも完成物件を買った方がいいと考える投資家が多いようです。

もちろん完成していればすぐに貸し出せるので、すぐにお金を稼ぎ始めてくれるので多くの投資家は完成物件を選びます。

ただもちろん土地から始めれば、それはそれでメリットがあります。完成物件より面倒な分、格安で買えるので、利回りで計算したときにはこちらの方が投資回収率が良いでしょう。

ただバリ島はあくまで外国です。信頼できる不動産業者と安心して投資ができるかどうかが重要です。ひたすらに利回りを求めるより、完成物件を買った方が安全かもしれません。